鶴の家計簿

鶴の家計簿

子供の頃「動物に例えたら、鶴かな」と言われました

履歴の見やすいZaimが好き。

マネーフォワードも使っていますが、やっぱりZaimが好き。

ちょっとしたUIの差なんですが、履歴が見やすいからです。

私の場合、月ごとに支出を集計して、今月はどんな服かったんだっけな?とか、

今月はどんなレジャー支出があったんだっけな?とか、

今月はこの水準だったけど先月はどうしてこんなに高額だったんだろう?とか 合計額を気にしつつ詳細取引を振り返ることが多いです。

 

分析-予算比画面から振り返るには

1.分析タブで予算比表示モードにして

f:id:familiybudget:20180323211800p:plain

2.カテゴリーを選択します。

f:id:familiybudget:20180323211826p:plain

3.カテゴリー内の支出割合が表示されますので、サブカテゴリーの隣のiマークをタップします。

f:id:familiybudget:20180323211859p:plain

4.履歴か期間比較か表示を選べます。 履歴を選べば、サブカテゴリー別の支出履歴が表示され、期間比較を選べば推移のグラフが表示されます。

f:id:familiybudget:20180323211927p:plain

f:id:familiybudget:20180323212019p:plain

f:id:familiybudget:20180323212050p:plain

5.「期間で比較」の画面でさらに各月の集計額をタップすると、またその月の支出履歴が表示されます。

f:id:familiybudget:20180323212116p:plain

 

分析-支出と収入画面から振り返るには

1.分析タブで支出と収入表示モードにして

f:id:familiybudget:20180323212141p:plain

2.カテゴリーごとのiマークをタップします。

f:id:familiybudget:20180323212210p:plain

3.履歴か期間比較か表示を選べます。 履歴を選べば、カテゴリー別の支出履歴が表示され、期間比較を選べばカテゴリー別の推移のグラフが表示されます。 つまり、「支出と収入」画面から履歴に進んだ場合、「予算比」画面から履歴に進んだ場合と比べてより大きな科目範囲で取引履歴を確認できるわけです。「水道光熱費」の全取引が見れるって地味に便利!

f:id:familiybudget:20180323212235p:plain

f:id:familiybudget:20180323212257p:plain

4.期間比較の画面でさらに次ごとの集計額をタップすると、またその月の支出履歴が表示されます。

f:id:familiybudget:20180323212116p:plain

 

私の場合、サブカテゴリーの支出履歴を見たいシーンは少なくて、カテゴリー別の支出履歴を見たい(ある程度まとめて履歴を見たい)ことが多いので「支出と収入」表示モードのほうが好きです。 2つの表示方法が用意されているのはとても親切ですね。